従来のビジョントレーニングとの違い

従来のビジョントレーニングとの違い

心技体

◎メンタルビジョントレーニングとは

メンタルを「心の持ちよう」ではなく、「機能」として鍛えられる方法として、アメリカで生まれて80年間多くの実績を残しているビジョントレーニングに注目し、そこに心理学の知見を加え、目の機能とメンタル機能を同時に向上させる「アイパフォーマンスメソッド」を構築しました。その理論に基づいたトレーニングがメンタルビジョントレーニングです。



ポイント1

眼とメンタルを同時にトレーニングできる→パフォーマンスのページ参照



ポイント2

メンタルを気持ちの持ちようではなく、メカニズムとして鍛える→メンタルのページ参照



ポイント3

眼のはたらき改善で、姿勢からパフォーマンス、頭の回転まで心身の変化を見える化する

◎特徴

1、機材を使わずどこでも眼の機能チェックとトレーニングが可能→眼の機能とは、「眼の使い方、見え方→判断→反応」の一連の流れをいいます。



2、チェックにより、眼の使い方のクセだけでなく、思考パターンもわかる。



3、課題別にオリジナルを含めた数百のトレーニングメニューがある。→人それぞれの環境、課題に応じてトレーニングメニューを組み立てます。



4、眼の機能、メンタル機能について理論的に説明し、その都度トレーニングの意味と効果を伝えながら行うため、モチベーションが下がりにくい。



5、メンタル機能を「機能として安定させる」ために、睡眠、ココロに作用する食、マインドフルネス、リラクゼーションの指導も行う。