メンタルビジョントレーニングとは

目と脳はつながっている

眼のトレーニングで感情のコントロールやパフォーマンスアップに必要な『ワーキングメモリー』に関わる部位を鍛えます。
前頭前野が活性化すると判断力や集中力が上がり、メンタルの安定にもつながっていきます。

心理学的アプローチを含めた眼のチェック

眼のチェックにより、一般的な体力測定では行わない「眼の筋力・スピード」、自分ではチェックしにくい「眼のクセ・処理能力・メンタルの弱点」を明確にします。
そうして現在、自分が苦手とする課題にどう影響しているのかを分析することで、その人に合ったプログラムを組んでトレーニングを行います。

効果が見える

従来のメンタルトレーニングのイメージの多くは方法と効果が見えにくいと思われてきました。
メンタルビジョントレーンングでは、視覚から明確な変化を実感できるので、高いモチベーションが維持できます。
また脳の処理スピードが改善されることで作業効率も上がり、アスリートに必要な瞬時の判断能力だけでなく、お子様の学習機能向上、片付けが苦手な方の整理整頓力アップなど、さまざまな方にもその効果を実感していただけます。

シンプルな基礎トレーニング

基礎トレーニングは慣れてしまえば毎日5分で済んでしまうほどシンプル。
眼を上下・左右・斜め・円にまんべんなく動かす眼球運動や距離感をつかむ力をアップするトレーニングなど、普段のルーティーンにも容易に組み込むことができます。

心理学を日常に

「緊張したらまず深呼吸」よく言われることですが、息を吸ってから吐くのは実は逆効果。
まず先に吐かなければいけないのですが、これこそが日常で使える心理学の一例。
そういったスタンスでの心理学の活用方法もプログラムを通してお伝えしていきます。

長年の実績と経験

代表の松島雅美は、臨床心理士として医療・教育・福祉・一般企業など延べ2万人以上のカウンセリングを経験。
自らの経験と実績により導き出された独自のプログラム構成は、多くの企業やプロアスリートたちの方々にもく取り入れていただいております。

眼とパフォーマンス

眼は脳の一部

~フィジカルとメンタルは一連の流れで鍛えるべし~

目のはたらきは、運動機能やパフォーマンス、メンタルに関わってます。
また、思考と目の動きは連動しているので、目を動かすことで、思考も活性化されます。
しかし、スマホで様々な情報が得られる時代になり、私たちは自分の目を動かして色々なものを見渡し判断する必要が減ってきました。
すなわち、目を動かさないということは、頭の働きも鈍くなってしまい、発達段階にある子どもにとっては、学習能力や感情のコントロールなどに影響を及ぼします。
ビジネスマンであれば、作業の正確さ、想像力、処理スピードにも影響が出ますし、スポーツ選手であれば、プレーの精度やイメージ通りに身体を反応させる力にも関わってきます。
シニア世代では、見えづらさや反応の遅れ、転倒なども目の機能の衰えに関係しています。

眼とメンタル

科学的メンタルトレーニング

〜気持ちの持ちようではない〜

強いメンタルとは瞬時に判断し行動できる力。
感情のコントロールや知識を生かすなど、人間らしさを作る脳の部位が前頭前野。
簡単な眼球運動をすることで活性化されます。
感情を応急処置的に気持ちの持ちようで変えることは難しく、また、人はイメージとパフォーマンスのギャップが大きくなればなるほど不安が強くなりスランプに陥ります。
たとえば、目を幅広く素早く動かせる人は、周りがよく見えており、機転が利くため、メンタルコントロールしやすくなります。
また目の動かしにくい方向を改善することで、思考のバランスを良くしていきます。
「緊張や不安があっても、メンタル機能、身体機能が適切に機能する」ことがこのトレーニングの目指すところです。

トレーニング効果

最大限の効果を生むためにはトレーニングの順番が大事

メンタルビジョントレーニングには日常からスポーツまで以下の様な様々な効果が期待できます。

  • 姿勢、身体のバランスが良くなる
  • 視野が広がる
  • 反応の精度が上がる
  • 感情のコントロールがしやすくなる
  • 本番で力を発揮
  • 集中を適度に維持できる
  • 運動機能のベースアップ
  • けがをしにくくなる

効果を感じにくい方はご自身のクセに合ったトレーニングメニューでなかったり、順番を間違えている可能性があります。

以下の順番でトレーニングをしていきましょう。

  1. 柔軟性
  2. 安定性
  3. 持久力
  4. スピード
  5. 両眼のチームワーク(立体視など)
  6. イメージング

従来のビジョントレーニングとの違い

ポイント

  • 眼とメンタルを同時にトレーニングできる
  • メンタルを科学的にとらえる
  • 眼のはたらき改善で、姿勢からパフォーマンス、頭の回転まで心身に変化を生む

特徴

  1. 機材を使わずどこでも眼の機能チェックとトレーニングが可能。
    → 眼の機能とは視力含め、「眼の使い方、見え方→判断→反応の精度」の一連の流れをいう。
  2. チェックにより、眼の使い方のくせだけでなく、メンタルのくせもわかる。
    → メンタルビジョンインストラクターはこの分析技術が肝になります!
  3. 課題別にオリジナルを含めた数百のトレーニングメニューがある。
    → 人それぞれの環境、課題に応じてトレーニングメニューを組み立てます。
  4. 眼の機能、メンタル機能について理論的に説明し、その都度トレーニングの意味と効果を伝えながら行うため、モチベーションが下がりにくい。
  5. メンタル機能を「機能として安定させる」必要があるため、睡眠、ココロに作用する食、呼吸、臨床心理士が専門的に使うリラクゼーションの指導も行う。

メンタルビジョントレーニングに対するコメント

元デトロイトタイガースマイナーリーグトレーナー
元読売巨人軍通訳兼外国人コンディショニング担当
株式会社 Enjoydream Holdings 代表取締役

眼の重要性については、以前から知っていました。
親しくさせて頂いている先生がビジョントレーニングをアメリカから日本に紹介し、実際にスポーツ選手や学習障害の子供たちの改善に取り組まれその効果を発揮されていたからです。
でも、何か僕とは遠い感じでした。

それが、今回松嶋先生からメンタルビジョンの話を聞いた途端、とても身近なものになりました。

「眼の動きは思考や感情に重要である!」

スマホ、パソコン・・・便利だなぁと思っていたら、知らず知らずのうちに眼を動かすことが減っていた・・・それが考える視野までを狭くしたり、豊かな感情を阻んだりしてしまう・・・考えただけで恐ろしいです。

メンタルビジョントレーニングによって脳を活性化させて感情を豊かにしていく・・・

正に現代社会に必要なトレーニングです。
是非、パーソナルトレーナー、フィットネストレーナーに広げて行くことで、一般の方々の心身両方からの健康アプローチに活用できると思います。
さらに、今度は日本から世界に発信して行くべき価値ある情報だと信じています!

菅原脳神経外科クリニック院長

私は、脳神経外科クリニックにて日々診療していますが、最近、増えているのは、頭痛やめまいの悩みの相談です。
その原因の一つがデスクワーク、PC作業、スマホにともなう肩や頚の緊張に伴うもの。
利き目の使い方が身体のゆがみや肩こり、頭痛などに関係すると考えています。
その場合は、目の動きを柔らかにすることが有効ですので、松島氏のメソッドを参考にしてみて下さい。

元サッカー日本代表GKコーチ

2年ほど前に松島先生が行うメンタルビショントレー二ングに出会いました。
サッカーというスポーツの特性上、ボールを見るだけではなく、眼と脳を使い周囲の状況の変化、スペースを見抜く深視力など様々な状況捉えて判断と決断をし続けなければなりません。
プロ選手たちはそれを勝利を求められる高いプレッシャーの中で行わなければならない環境にさらされます。
更にゴールキーパーは眼で様々な情報を集めながら、スピードのあるシュートを処理しなければなりません。
またミスは即失点に繋がるというポジションでそれを行います。
そのためには確固たるメンタルの安定やリバウンドメンタリティーを求められます。

実際に松島先生の行うトレー二ングを選手が受けるこのとで、眼の視野角度が広がるこのとでシュートの処理範囲が広がり、処理を苦手コース短期間で改善していったことには本当に驚かされました!
メンタル面でも90分を通して安定してチームを後方から支える存在に変化して行きました。
若い年代からトレー二ングを受けることでより効果が得られることもお聞きしました。

是非サッカーをされているより多く方にこのトレー二ングをお勧めしたいと思います。

プロ野球チームチーフトレーナー

本当に目から鱗の様なお話しをいただいてばかりです。

今まで目のトレーニング、機能検査と言われるものはあり、それを行なっている選手はたくさんおりましたが目の動きとメンタルへの影響があるという事を話される方は聞いた事がなく、目のトレーニングをそこまで考えて行なっている人はおりませんでした。

その中で松島先生のお話しを聞けば聞くほどなるほど!なるほど!と思うことばかりでこれを選手に使わない手はないと思いました。

目の動きとメンタルへの影響、目の動きのクセとパフォーマンスへの影響などなどアスリートには必要な要素ばかりで、今までここにアプローチする事もトレーニングをしなきゃいけないと言う考えすらなかった自分にとって本当に衝撃を受けました。

実際に今年からサポートをしていただいた選手はパフォーマンスのみならずメンタル面でも非常に成長し、チームのリーグ優勝に大きく貢献いたしました。

プロ野球選手

自分の課題であるメンタル面とパフォーマンスアップを目指してこのトレーニングをする事に決めました。

初めてのチェックで跳躍性眼球運動がものすごく苦手だったので、眼のトレーニングははっきりと効果あると言われ、そこからスタートして行きました。

日々細かなトレーニングの指示やご連絡もいただき、怪我をした時も感情のコントロールができるようにお話ししていただきました。
その結果、打席や守備でも目だけを動かせるようになったので体がぶれない。

それがバッティングの成績のアップや走塁での周辺視野の広がり、守備での自信につながりました。
そして、気持ちの面でも切り替えが上手くなり、昨年までの様に失敗を引きずったり、動揺しやすいと言った部分が少なくなってきた様に思います。
それがチームのリーグ優勝に少しでも貢献できた成果だと思っています。

フェンシングナショナルチーム選手

全日本フェンシング選手権大会4連覇(2013〜2016)

松島さんからお話しを聞くまでは、眼球のトレーニングは全く知らず、周りにも行っている選手はいませんでした。
お話しを聞かせて頂き、目の動きがメンタルと深く結びついていて、その動きが個人のもつ考え方に影響することがわかりました。

さっそくトレーニングを始めると、すぐに眼球の動きもスムーズになり、スピードも周りの人にもわかるくらい速くなっていきました。
トレーニングを始めて間もなく行われた全日本選手権では、圧倒的な劣勢な状況でも瞬時に分析し、自然と笑顔が出るくらいリラックスして戦え、その試合で優勝することができました。
このような試合中の経験は初めてでした。

いまも選手として成長を感じられるのは眼球トレーニングのお陰だと思っております。